バイアグラの噂話

バイアグラは1998年に販売された比較的新しい薬ですが、その効果は今までないものでした。

男性の海綿体に作用し、陰茎を勃起させてくれるのです。

それまではカキなどから亜鉛を摂取するのが良い、などといった方法や注射で強制的に勃起させる方法などしかなく、気軽にすぐ影響が出るものはありませんでした。

ですがバイアグラの出現により、EDの人でも気軽に治療に挑むことが出来るようになったわけですね。

またバイアグラ出現前はEDになった人は男性としての自信も失う人もいましたので、精神的なサポートをする薬ともなっていました。

参照<http://www.pref.aichi.jp/iyaku/kensyoku/kensyoku.html

バイアグラは勃起させる事が強調され、それ以外の要素は初期にはあまり知られていなかったのです。

その為、バイアグラを服用した人が心肺停止など重篤な被害にあってしまったケースもありました。

バイアグラは心臓に悪い、そういった噂話も出てしまいましたが、バイアグラによる心臓への負担はありません。

医師による説明でもバイアグラには心臓に負荷を与えることはないと言われています。

ただ性交は体力を消耗する行為ですし、勃起の力は加齢するほど衰えていきます。

心臓が性交に耐える事が出来るか、そういった事が問題だったのです。

またバイアグラは血管を拡張し、血圧を下げますので同じく血圧を下げる薬との併用はよくありません。

また現在ではジェネリック薬も含め、非常に数多くの薬が販売されています。

禁忌薬の一覧などもありますが、日々変化する医療ですので医師の確認は欠かせません。

その為、現在ではより確実に医師の処方、確認が大切になってきています。

Comments are closed.